とにかく計画が大切です

旅は、普段見慣れない土地に行くので時にはハプニングも発生します。人身事故による電車運休や事故による渋滞などは仕方ない部分もありますが、こちら側の不手際によってハプニングを巻き起こすのは避けたいところです。 ハプニングを避けるには、綿密な計画を立てるしかありません。行き当たりばったりの旅も気ままで自由度が高いですが、それだけ迷う確率が高くなります。結局上手に行動できず、その日一日が台無しになってしまうという可能性も否定できません。 一日の計画を立てるのはもちろん、雨が降ったらどこに移動するかなど不測の事態にも対応できるような計画を用意しておくと便利です。恐らくハプニングは発生しないだろうという考えではいけません。

慌てずに落ち着いた行動をして忘れ物を防ぐ

旅のハプニングとして多くの方を悩ませているのが、忘れ物です。ビニール傘などは頻繁にありますが、上着やお土産や財布なども忘れがちです。特に問題のない忘れ物であれば良いですが、財布や鍵であれば大問題です。お金がなければ旅を楽しんでいる場合ではありませんし、そもそも何もできません。大きな荷物を抱えていたり、景色に夢中になるなどして忘れ物に至る場合が多いですが、自分の持ち物から目を離さないように注意すると事前に防ぐことができます。自分の車であれば良いですが、レンタカーや公共交通機関から出る場合は再度周辺を見渡して忘れ物が無いか確認する癖をつけておきたいです。急いでいると尚更ミスが発生しやすくなるので注意が必要です。