確実に使える連絡手段を確保

海外旅行に行くときには何が起こっても安全を確保できるように準備をしておくことが大切です。道に迷ってしまったり、不測の事態に見舞われて警察に連絡したくなったりする場合はあるでしょう。そのときにすぐに連絡できる連絡手段を持っていなければなりません。国内だと携帯電話が簡単に使えますが、海外に対応していないものの場合には使えなくなります。レンタル携帯を用意したり、レンタルWi-Fiを借りたりしてどこでも使える通信手段を確保しておくようにしましょう。携帯電話が国際ローミングに対応している場合には申し込んでおけば使うことができます。必ずしもどの地域でも無料でWi-Fiが使えるわけではないので注意が必要です。

保険に加入して万が一に備える

連絡手段があったとしても既に何らかの一大事が起こってしまったときにはどうしようもないかもしれません。そのときに役立つのが海外旅行保険であり、海外旅行に行くときには十分な内容のものに加入しておくようにしましょう。病気や怪我のときの治療費をカバーしてくれるだけでなく、サイクリングをしていて人を怪我させてしまったときなどにも費用がカバーしてくれます。それだけでなく、保険によっては携行品が盗まれてしまったときに補償が受けられたり、空港で預けた荷物が届かなかったときに衣類などを購入する費用を補ってくれたりするものもあります。広く万が一のトラブルに対応できるのは海外旅行保険の魅力なので加入するに越したことはありません。